転職と、勤務先や勤務形態や生活水準の変化

ビル

転職とは、それまで就いていた職から離れて、新たに別の職に就くことです。
これにより必然的に、それまでとは違う勤務先で、仕事をすることになります。
したがって、たとえば同じ職場内で部署異動などにより、それまでとは全く違う業務に就くようになった場合は、転職とはいいません。
また転勤などで、遠く離れた地域で勤務するようになった場合も、所属している会社自体には変わりはないので、転職ではないということになります。
もっと言えば、最初に退職をすることが必要になります。
退職によって、完全にそれまでの仕事にピリオドを打ち、新たな場所で新たな仕事を始めることが、転職なのです。
社会生活が全く新しいものとなりますし、勤務形態や通勤時間、給与や各種手当なども、それまでとは異なってくる場合が多いです。
そのため多くの人が、それまでの生活水準とその後の生活とを考えた上で、新しい勤務先を決めています。
うまく職を変えることで、生活水準をどんどん高くしていくことも可能なのです。