転職を決意する前に一度自分自身を見つめ直そう

ビル

仕事を辞めたい理由として多いものは、「人間関係が合わない」「給料が安い」「残業が多い」「仕事に飽きたから他のことをやってみたい」など人それぞれの理由があります。
もし、その理由がネガティブなものであるなら、将来自分はどうなりたいのか。
まずはビジョンを明確にする必要があります。
なぜなら、転職にはリスクがあります。
例えば、「勤務先での仕事内容が合わない」「人間関係が合わない」などが考えられます。
このようなことになると、転職を繰り返す負のスパイラルに陥る可能性があります。
このようにならないためにも、転職する目的をはっきりさせる必要があります。
「現状に不満があるから仕事を辞めたい」と考えるよりも、自分は将来、こんな人間になりたい。
そのためには、こんな知識や技術を身に付ける必要があると考えた方が前向きになります。
何より、次の仕事をした時のモチベーションが違います。
何十年と働く仕事だからこそ、「目的なく何となく軽い気持ち」で仕事を変えるのは注意が必要です。
仕事は自分のあるべき姿に近づくための一つの手段だと考えて転職を検討してみてはどうでしょうか。